XMの国内FX業者にはない魅力・強みは何か?

XMは海外のFX業者なので日本の法規制に縛られる事がありません。なので、国内のFX業者では得られない魅力的なメリットや、独自の強みが多数あります。

今回は国内の証券会社にはない、XMで取引を行うメリットや魅力などをいくつかご紹介いたします。

少ない資金から一攫千金を狙える!

XMは口座開設・入金ボーナスの質が非常に高いのが特徴で、まず口座開設すると3000円分のクレジットが貰えます。

このような口座開設ボーナスは、他のFX会社でも行っていますが、ほとんどの場合は口座を開設して初めて入金した時点でボーナスが発生するので、実際は口座開設と言うよりも入金ボーナスに近いです。

ですが、XMでは個人情報を入力し、身分証明書と現住所が確認出来る書類を添付し認められた時点で3000円分のクレジットが自分のXM口座に追加されるので、1円も入金する事なく、実際のトレードが行えます。

もちろん、この3000円分のクレジットを使って得た利益は、実際に出金が出来るので、上手にトレードすれば1円も使わずに資金を増やし続ける事も可能です。
(※利益は出金できますが、ボーナス自体の3000円は出金できません。)

他にも入金ボーナスも非常に魅力的で、最初の500ドル分までは無条件で100%分のクレジットが口座に加算されます。

つまり、1ドルが110円の時に5万円を入金すると55000円分が加算されるので105000円分の証拠金として取引出来ます。

もしも最初に入金した自分本来のお金である5万円を失っても、ボーナスクレジットが55000円残っているので、冷静にトレードを行えば失った5万円を取り戻すには充分です。

ハイレバレッジとミニマムロットで一攫千金

日本のFXを提供する証券会社では、法律により最大レバレッジは25倍に決められています。

レバレッジとは、「てこの原理」を表し、自分が所有する資金以上の金額で取引を行えることです。

例を挙げてご説明すると、10万円の自己資金でレバレッジが25倍なら250万円、100倍なら1000万円で売買が行えます。

XMの最大レバレッジは888倍で、これにより1万の自己資金でも888万円分の取引が出来るので、FX初心者の方でも上手くトレードを行えば短期間で大きな利益を獲得することができます。

実際に取引を行う際にレバレッジとセットで「最低取引単位」を確認します。

国内の大手証券会社の定める最低取引単位は、ほとんどの場合10000通貨ですが、実際にどれくらいのお金が必要になるかをご説明しますと、1ドルが100円と仮定すると10~100万円が必要です。

つまりレバレッジ25倍を選択しても、自己資金は少なくとも40000円を用意しないと、取引を行う事が出来ません。

ですがXMの最低取引単位はマイクロ口座を選択すると、なんと10通貨です。

国内会社の25倍を遥かに上回る888倍のレバレッジと、1000分の1の最低取引単位を上手く組み合わせる事により、僅かな自己資金で大きな利益を上げる事が出来るのがXMの大きな魅力の一つと言えるでしょう。

強制ロスカット率の低くさがメリットになる

FXで稼いでいるトレーダーにとって、取引を行う証券会社を選ぶ時のポイントとしてスプレッドや、入金ボーナス以外に重要視するのは、強制ロスカットがどのタイミングで行われるのかです。

つまりポジションを取って証拠金維持率が何%になったら、強制的なポジションの決済されるのかどうかで、トレード戦略も大きく変わります。

どのように稼いでいるトレーダーでも、100回、1000回と100%の確率で自分の予想した方向に、チャートが動いて行くとは限らず、統計学と経験から、当たる確率が高い方向にエントリーしても、政治的、地政学的な要因によって急に高騰、暴落する事はよくあることです。

株式相場は少しの間、大きな値動きがあっても時間の経過により、株価も元の位置に戻る傾向があるので、もし自分のエントリーした方向とは逆方向に凄い勢いでロウソク足が伸びて行き損失が膨らんでしまっても、数時間放置しているとエントリーしたポジションまで戻って来て、損失もゼロになると言ったことも珍しくありません。

この時に各証券会社が定める「証拠金維持率」が重要になるのです。

国内証券会社の証拠金維持率は、ほとんどの会社が50%か100%ですが、XMは20%に設定されているので、一時的に読みが間違えてポジションと逆方向に相場が進んで行っても、諦めずに数時間、数日我慢して見守っていると、またチャートが戻ってくる、例えるなら「敗者復活」の可能性が高くなります。

追証無しだから安心

FXはどこの証券会社もレバレッジを提供する事により、トレーダーが証券会社に預けている証拠金の何倍もの金額でトレードする事が出来ます。
持ち金が少なくても、利益を出せるので顧客にとって嬉しいシステムなのですが、落とし穴も存在するのです。

それは万が一、市場が閉じている土日を跨いでポジションを持っている間に、テロや戦争、地震などの大きな自然災害が起きてしまった場合は、市場が開く月曜日の朝一番の時間に、土曜日の朝にクローズした時よりも大きくチャートが動いた状態(窓空き)でスタートしてしまいます。

こうなると、証券会社が定めた強制ロスカットも間に合わないので、自己資金よりもマイナスになってしまうのです。

自分が所有していた証拠金では足りない分の損失は、証券会社に追加して支払う義務が発生し、これを「追証」と呼びます。

追証は、簡単に言うと証券会社に対する借金で、リーマンショック、スイスフラン暴落時には多くのトレーダーが膨れ上がった借金に苦しめられました。

ですが、XMではもし何か為替相場を急激に変動させるような出来事が起きて、証拠金を上回る損失を出しても、ゼロにリセットされ、追証を支払う必要がないでの、心配はいりません。

利益を安定して出し続けるためには、落ち着いた精神状態で取引を行う事が必要不可欠なので、追証の心配をしなくて済むXMではトレーダーが取引だけを集中して行える環境整備がなされています。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です