日本国内で大人気のXMとはどのような会社なのか?

インターネットが普及した現在では、FXで資産を増やしたい方にとって、日本国内の証券会社だけが選択肢ではなく、海外の証券会社でも、気軽にトレードを行えるので人気を集めています。

海外の会社と聞くと「英語が出来ないから自分には縁がない」と思われる方も多いかもしれませんが、日本語での登録、日本の口座に日本円での出入金が可能、そして取引に至るまで、全て日本語で行えるので利用する感覚は日本国内の証券会社と何も変わりません。

そんな海外FX会社の中でも、特に日本人に人気があり、初心者、上級者問わず多くのトレーダーが利用しているのが「XM」です。

本記事では国内と海外FX会社との違いや、XMはどのよう会社なのかをご紹介します。

 

海外と日本の違い

「海外と日本のFX会社は具体的に何が違うの?」と思われますが、違いとしてまず日本の金融庁が正式に許可したライセンス所持しないことが挙げられます。

ここだけ聞くと良く勘違いしてしまいがちなポイントとして、「ライセンスがないから信用出来るの?」このような声が聞かれますが、XMはネットの評判を見ても分かりますが、出金ができなかったと言うようなトラブルは一切ありません。

XMが日本での正式なライセンスをとらない理由は、日本の法律で定められているレバレッジ倍率規制などを回避する狙いがあります。

そして日本政府が認める正式なライセンスを持っていなからと言って、その会社を利用する事自体は違法でもなんでもありませんので、心配はいりません。他にも違う点として、取引方法も挙げられるでしょう。

日本国内のFX業者で共通して採用されているトレードスタイルは、DD方式と言ってトレーダ―に不利だと思われても仕方がないような仕組みになっており、反対にXMを含む多くの海外業者が、NDD方式と呼ばれるトレーダ―と業者が公平な立場にある発注方式を採用しています。

日本の証券会社を利用した方からは、「今レートがあり得ないような動きをした」「不正操作をされた」との評判もありますが、XMとはこのような不要な心配、疑惑とは無縁で、トレーダーが安心して利用出来る条件が揃っているのです。

 

XMの本社があるキプロスはどこにあるの?

XMはヨーロッパの地中海に浮かぶ島の中で、3番目に面積の広い島を収めるキプロス共和国に本拠地があります。

キプロスの名前自体が日本人には耳慣れないと思いますが、EU加盟国で流通通貨もユーロで、金融サービスに強い国として有名です。

 

日本人にXMが最も愛されている理由

XMが日本人に愛される理由はいくつか考えられますが、まずプロモーション上手さです。代表的な物を挙げると、賞金総額約1億円にもなる優秀なFXトレーダーを決めるコンテストを開催しています。

自分の資産を増やすと、取引内容の上手さによっては莫大な賞金が貰えるので、同じFXを行うのであれば夢が膨らむ賞金を求めて多くのトレーダー達が集まるのです。

他にも常時行われている入金ボーナスや出金手数料無料、また中級者以上に人気なプロモーションとして、XMロイヤルプログラムや無料VPSがあります。

このように初心者から経験豊富なトレーダー達にとって魅力を感じるプロモーションが日本人に広く支持されているのです。

その他の理由として取引可能商品の豊富さが挙げられます。

FXだけでなく 天然ガスや石油等のエネルギー系、金銀の貴金属、コーヒー、砂糖、大豆などのCDFに加えてビットコインまで取引可能です。またビットコインは、取引商品としだけでなく、入出金をビットコインで行う事も出来るのでトレーダーのニーズに合わせて多様な使い方が出来きます。

 

MT4対応で、いつでもスマホで取引可能

XMは取引システムとしてMT4を採用しています。MT4とは、FXの取引を行うシステムの呼び名で、国内外問わず多くの証券会社がこの「MT4」を採用しています。

初心者から上級者までの多くの愛用者が多い便利なインジケーターや、利食いや、損切はいつ行うか等を悩まずに済む機能として、コンピューターが自動で売買する「EA」も無料で利用出来、これらは複雑な操作は必要なく、覚えると簡単に行えるので、FXトレーダー歴が比較的浅い方でも、悩む事なく操る事が可能です。

またIPHONEやandroidのアプリでもMT4があるので、ダウンロードすることによりネット環境下にあれば、パソコンがなくてもスマホさえあればどこにいても好きな時間にトレードして資金を増やせます。

このように、海外FX会社の中でも、人気があり信頼性の高いXMでは、多くの日本人トレーダーが、日々取引を行っているのです。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です